店主の独り言
 
2024〜
       
24.03.01   「試聴会のお知らせ」 
    ♪今話題のパワーアンプの実力を探る♪
     
    3月2日(土)3日(日)4日(月)
    パス XA30.8 A級30W
     
    3月9日(土)10日(日)11日(月)
    ファンダメンタル MA-10V NON-NFB 40W
       
      3月16日(土)17日(日)18日(月)
      マークレヴィンソン No,5302 AB級135W
       
      3月23日(土)24日(日)25日(月)
      エム2テック LARSON A級MONO20W
       
      AM10:00〜PM6:00
      サウンドシティ店内
       
      普段なかなか試聴して頂けないパワーアンプを用意致しました。
      スピーカーは当店リファレンスの一つMartinLogan ESL-X です。 
      パワーアンプの違いだけによる各メーカーの音楽観を聴いて頂ければと思います。
      何処かお出掛けの途中にでもふら〜っと寄ってみてください。
      ではでは皆様お待ちしておりま〜す。
       
       
       
24.02.25   「温泉施設にて」 
    休みの日の夕方は大概自宅から車で5分の温泉施設にいる。
    サウナも併設なので、サウナ・水風呂・サウナ・水風呂・サウナ・水風呂の12分・5分のインターバル。
    概ね2時間位は滞在する。
    私は1週間に一回だが常連さんはほぼ毎日だと思う。
    正におとっつぁんの憩いの場なのだ。
    時々そのおとっつぁんのささやかな憩いの場を乱す奴らがいる。
    先日も温泉に浸かっていて「ふ〜っ寒い時の温泉は最高だな〜」等とぼ〜っとしていると入口から奴らが・・・・
      大人しくしてくれよ〜 おとっつぁんのささやかな憩いの場を乱さないでくれよ〜 と思いつつ。
      しかし期待を裏切り始まってしまった。
      小学生2・3年位の男の子3人水風呂に入り大声で水のかけっこを始めた。
      ま〜この位の子供が集まればただある事である程度は仕方のない事だとは思うが、あくまでも程度次第だ。
      同じ水風呂に浸かっていたおじさんは隅っこで嫌な顔をして子供たちをにらんでいる。
      その内親が注意するだろうと思っていたのだが、その気配なし。
      たまりかねて子供たちに、ここは皆の場所だから騒がないようにと注意をする。
      すると素直に子供たちは大人しくなった。
      ちゃんと言えば子供たちもわかるのだ。
      暫くすると知らないおじさんが、よ〜言ってくれた本当は親が言わないけんわ〜と。
      えっ、おじさんそう思ってたら何であんたが言ってくれんの〜と思ったのだが・・・・
       
      まあ兎に角、親は当然ながら子供に対し公共の場所での行いを教えなければならない。
      大人はどんな子供たちににもダメな事はダメと言わなければならないと思う次第だ。
      子供に遠慮してどうする。
       
       
       
24.02.12   「ラジオが鳴っている」 
    ラジオが好きで暇があれば聞いている。
    いつも暇だからしょっちゅうと言うかのべつ幕無くと言うかつまり常にラジオが鳴っている。
    朝目が覚めるとラジオのスイッチオン起き出すまで夢うつつでラジオが鳴っている。
    着替えして食卓で食事しながらラジオが鳴っている。
    出勤途中車の中でラジオが鳴っている。
    店舗でもお客さんに試聴して頂いている時とか機材チェック等している以外はやはりラジオが鳴っている。
    帰宅途中車の中でラジオが鳴っている。
      帰宅して呑みながら食事のバックはやはりラジオが鳴っている。
      風呂に入るとラジオが鳴っている。
      寝る時の子守歌はやはりラジオが鳴っている。
      夜中目が覚めて寝付けない時にもラジオが鳴っている。
       
      常にラジオが鳴っている。
      ラジオは楽しい。
      ラジオは私にとっての無くてはならない大切な必需品なのだ。
       
       
       
24.02.02   「無題」 
    1月がぴゅーッと駆け足で去って行き早くももう2月。
    まだまだ寒いのだが、それでも日々少しづつ夜明けが早まり暮れるのが遅くなって日が長くなりつつある事を感じる。
    暗闇の先に小さな光が見えるようでとてもうれしい。
    そんな明るく希望のある雰囲気とは裏腹に、少しづづあの憂鬱な花粉の季節が忍び寄ってくるのがうれしくない!
     
    自宅から店舗まで約20キロの道のりがある。
    その20キロの間に通常の信号機が20基、半感応信号機が4基、押しボタン信号機が6基で合計30基。
      所要時間は概ね25分。
      大体少なくても3〜4回多くて7〜8回は信号機に引っかかる。
      先日、何と何と正にパーフェクトに1度も信号に引っかからず店舗に着いた所要時間20分!
      店舗手前の最後の信号機では赤にならないでくれ〜と思わず思った次第だ。
      そんな事で、さ〜今日はきっと良い事があるぞ〜きっと売り上げも期待できるぞ〜と意気込んだ。
      意気込んだ割には来店客も少なく売り上げも芳しくなく一日が終わった。
       
      きっと何事のトラブルも無く一日が無事に終わった事自体が良い一日だったんだろう。
       
       
       
24.01.21   「かかりつけの○○医院」 
    大寒ですが雪無し、と〜ってもうれしい!
    だが、週間天気予報を見るとダルマさんマークが。
    人間容易い方に流れていくので特に私の場合は・・・・ やっぱりスコップ持ちたくない!
     
    家族中が何かとお世話になつている、かかりつけの○○医院がある。
    小柄なとてもチャキチャキでチャーミングな女医さんだ。(決して女医さんだから行っている訳では無い)
    診療室と待合室は薄〜〜っぺらな白いカーテンが一枚。
      先生のデスクから最短待ち人の距離は3Mも無いのではないだろうか。
      だから診察室での先生と患者さんの会話は丸聞こえのダダ洩れ!(特に先生の声は大きい)
      プライバシーも何もあったものではない。
      採血時に腕を置く台には「節度ある適度な飲酒量」と例の日本酒だったら一日一合等と書いてあるあれ。
      毎回採決時にお馴染みの看護婦さんから指でコツコツと音を鳴らしきつ〜く指摘される。
      「ま〜守れんはな〜」とイヤミまで言われてしまう。
      先生から塩分を考えるようにと言われると、すかさず看護婦さんから「酒の肴は塩分が無いとね〜」とまたまたイヤミ。
      先日は待合室で待っていると、リュックサックにネコウナギのキーホルダーをぶら下げたオバサン。
      手にはレジ袋、無言で受付の前を素通りし診察室に声もかけずずかずかとカーテンをめくり入っていく。
      例の通り声は筒抜けだからオバサンが先生に「これサラダにすると旨いけ〜」と、先生も「いつもありがとう」と返事。
      レジ袋を先生に渡すとそのオバサンはまたまた無言で受付の前を素通りしてサッサと帰って行った。
      受付の人もオバサンに一言も発さなかったのは毎度の事なのだろう。
      な、な、何というアナーキーな医院だ〜っ!
       
      こんなアナーキーでフレンドリーな医院に行ってみたいという方は受付で「サウンドシティの紹介で」と言って頂くと。
      例の看護婦さんから太い注射のサービスが有るかも!
       
       
       
24.01.12   「ロバータ・フラック やさしく歌って」 
    小寒になっても相変わらず積雪のない日々が続いています。
    雪掻き作業の事を考えるととてもありがたいです。
    寒さもそれほどでは無く今年は暖冬という気象庁の予想が今のところ大当たりです。
    こんな日々でこの冬が終わればうれしいのですが・・・・
     
    その当時よく聴いた音楽を久し振りに聴くとその当時の情景を思い出すことはよくある事。
    ロバータ・フラック Killing Me Softty 邦題「やさしく歌って」  
      約半世紀前、ん〜ん50年も前の事になるのか〜・・・・
      よく通っていた喫茶店でしょっちゅうこのアルバムが流れていた。
      粋がって煙草をふかしながらカウンターに陣取りコーヒー一杯でだらだらと過ごしていた。
      今から思えば大した悩みも無く(当時はそれなりに悩みはあったはずなのだが・・・・)日々麻雀漬け。
      勝ったの負けたのただただ無駄な時間を過ごしていた。
      徹夜明けのボンヤリとした頭の気だるい体、喫茶店の高い三角の窓から差し込む淡い光がフワッと漂うたばこの煙を
      浮き上がらせる。
      そんな煙草の紫色の煙をどんよりとした目で追いつつブラックコーヒーをすすりながら溜息。
      ロバータ・フラック Killing Me Softty がボクを包み込む。
       
      Killing Me Softty With His Song  直訳(彼の唄で私をそっと殺して) 
       
       
       
24.01.05   「あけましておめでとうございます」 
    新年あけましておめでとうございます。
    旧年中は大変お世話になり心よりお礼申し上げます。
    本年もどうぞよろしくお願い致します。
     
    昨年と同様今年も雪の無い年明けでした。
    今年も穏やかな年であって欲しいな〜 と思っていたら。
    元旦早々に能登半島で大地震、甚大な被害でまだまだ詳細が分からない状況・・・・
      被害にあわれた方を思うと心が痛みます。
      どうかどうか被害が少しでも少なくでありますようにお祈りいたします。
      日々何となく当たり前のように暮らしていると分からないのですが、こんな状況になると改めて何でもないごくごく普通
      の暮らしが如何に愛おしい事なのかしみじみと思う次第です。
       
      「すべてが音楽のために」
      今年も音楽が楽しく感動できる為の機器を皆様にお届け出来ますよう努力致します。
      ありがとうございました。