店主の独り言
 
2020〜
         
  20.05.16   「紹介します」
      新コロのおかげで入荷が未定だった製品。
      やっと、ようやく、順調な入荷となりました。
       
      プリメインアンプ・プリアンプ・パワーアンプ・CDプレーヤー 等々、空いている端子に差し込むだけです。
      今現在流通しているショートピンとは違います。
       
      その効果は?
        それはそれは見事です。
        一聴してその効果を感じて頂けます。
        差し込む機材や端子によって効果はそれぞれ違いますが、共通はS/Nの良さです。
        音の無い所がより無くなり透明感が増します。
        それにより楽器がヴォーカルがより鮮明に浮かび上がります。
        真っ白なキャンバスの上にに画を描くのと、汚れたキャンバスの上にに画を描くのとの違いです。
        しっかりと調整されたシステムであればある程その効果は増します。
         
        この効果を是非ともご来店体験してください!
         
         
         
  20.05.01   「五月」
      じたばたじたばた・・・・ 早くも5月です。
      先日私の大好きな版画家のコラムに、新コロナウイスの事を新コロと言っていました。
      お〜いいじゃないですか! 新コロ!
      新コロのバカヤロー 早くとっとと去りやがれー!!!
       
      自宅の裏山にウグイスが毎年やって来て鳴いてくれます。
      3月に下手糞な鳴き声が聞こえると、あ〜今年も春がやって来たな〜と思います。
        毎日毎日鳴いてくれます。
        そして少しづつ鳴き声がうまくなっていきます。
        年によって、いつまでも下手糞なウグイスと、お〜っうまいと思わせるウグイスがいます。
        今年のウグイスは近年まれに聞く美しい鳴き声です。
        思わず聞きほれます。
         
        これで新コロがいなくなれば最高なんですが・・・・
         
         
         
  20.04.27   「・・・・」
      地球上の人間社会では新型コロナの影響で右往左往。
      しかし自然は淡々と自然のままの営みを育んでいる。
      桜が咲き、チューリップが咲き、つつじが咲き、ハナミズキが咲き、なでしこが咲き・・・・。
      山も新芽がすくすくと、正に山が笑っている。
       
      ため息をついても仕方がない。
      今はただただ新型コロナの終息を私達は待つだけだ。
        起こってしまったことはどうしようもない。
        亡くなった方には大変申し訳ないのだが、今回の事を考え直し見直す良い機会とポジティブにる様にしたい。
         
        「あんな大変な事があったよね」と言える時が早く来てほしい。
         
         
         
  20.04.22   「・・・・」
      いくら、大らかで怒らない方でも流石にこれは・・・・
      アベノマスクとして国民に揶揄されあきれられている布マスクの2枚配布が始まったそうだ。
      その布マスクの一部に汚れや虫の混入などが発見されていたとの一部報道について、菅義偉官房長官は記者会見で
      「生産流通の過程において一定程度の不良品が生じることはあるが、実際の配布を行う前段階で適切に除外されてい
      る」と述べ、問題はないとの考えを示した。(時事通信から引用)
       
      は〜っ????
        これって、友人から「今度、全国一律一世帯に布マスクの2枚配布するんだって安倍総理が発表したよ」と聞いた時に
        私は本当に、お笑いコント集団「ザ・ニュースペーパー」の新しいギャグかと思った。
        後に、安倍総理がまじめな顔して意気込んで発表しているVTRも見て思わず口あんぐり・・・・
        その時と同じ、いやいやそれ以上に口あんぐり・・・・
        これって本当に政府の記者会見なの?
        もともと期待してない政府だったが流石に流石に・・・・ 情けなくて怒りを通り過ぎ一日本国民として恥ずかしい・・・・
         
        こんな人達を我々国民は選んだのだ・・・・
         
        アベノマスクが届いたら近くの保育園に差し上げようかと思っていたのだが・・・・
        政府の方々に大切に大切に使って頂きましょう!
         
         
         
  20.04.14   「こんな時には」
      世の中、朝から晩まで新型コロナウイルスのニュースばかり・・・・
      テレワーク、クラスター、オーバーシュート、ロックダウン等々今まで聞いた事が無い横文字ぞろぞろ。
      これで英語力がアップ! な訳ないし・・・・
       
      密閉空間、密集場所、密接場面、「3蜜」を避けるようにと・・・・  
      たわしは、壇蜜と、密閉空間、密接場面、「3蜜」がいいな〜
       
        こんな時には、いつか片付けようと思ってしてない部屋の片づけをしよう!
        こんな時には、いつか読もうと思って積んである本を読もう!
        こんな時には、いつか観ようと思って録画して観てない映画を観よう!
        こんな時には、いつか通して聴こうと思って聴いてないベートーベン交響曲全集を聴こう!
        こんな時には、・・・・・
         
        やる事いっぱいあるじゃないか〜!
         
         
         
  20.04.03   「豊田勇造 ライブ!終了」
      豊田勇造 ライブ! 40年ぶり!「さぁ、もういっぺん」 無事終了しました。
      嫌〜な空気の中での新型コロナウイルスを吹き飛ばせライブ!!!!
       
      豊田勇造はやはり豊田勇造であった。
      お互いに歳はとってそれなりに風貌は変わったのだが、心はお互いにあの時と変らず。
      「豊田勇造を浴びるほど聞く会」は健在。
      しみじみと、しみじみと、心に沁みる歌の数々。
        その中で是非とも聴きたかった唄があった。
        リクエストまではしなかったのだが、この気持ちが通じたのかどうか・・・・ 唄ってもらえた!
        イントロのギターの音ですぐにわかった。
        勇造が意気盛んの頃に父親と対峙し心の葛藤を唄った唄だ。
        誰もが通過する倅から見る父親という壁、複雑に絡み合う想いと想い、哀しくもありそして歓びであり感謝である。
         
        私も今は亡き父親の事を思うと、ただただ無言で頭を下げるだけだ・・・・
        その唄の題名は、「背中」
         
         
         
  20.03.21   「続・新型コロナウイルス・・・・」
      連日の新型コロナウイルスに関するニュース及び特別番組。
      も〜、も〜、うんざり!
      一番は早々の終結だが、今々の経済対策及びその後の経済フォローも肝心だ。
       
      もうすぐ桜が咲き、うきうきの花見のシーズンだ。
      しかし今年は、ぼんぼり・ライトアップが中止されるという。
      なんで?
        こんな年に、こんな時こそ、一年に一度の桜の開花。
        遠くから眺めるだけでもいいじゃないか、美しい桜を愛でたい!
         
        何でもかんでも中止というのは心がすさんでしまいそうだ・・・・
        こんな事がずっと続くわけではない。
        どんなに悪い事でも必ず底はある!
        豊田勇造 ライブ! 40年ぶり!「さぁ、もういっぺん」 さぁ、新型コロナウイルスを吹き飛ばせ!!!!
         
         
         
  20.03.09   「新型コロナウイルス・・・・」
      新型コロナウイルスのおかげで、あるとあらゆる分野で暗雲が垂れ込めている。
      いやいや、暗雲どころか業界によっては大嵐だ。
      経済はぐるぐると回っているので、今問題の無い業界でもいつか必ず付けは回ってくる。
      は〜〜〜〜っ・・・・  だ。
       
      昨年から楽しみにしていた、春風亭一之輔独演会が中止 有山岸香(有山じゅんじ・山岸潤吏・香西かおり)が中止
      致し方ないのだが、残念で悲しい。
        これで恒例「春一番」が中止にでもなれば・・・・
        早く、新型コロナウイルス収束してほしい!
         
        こんな時だからこそ、明るく楽しい音楽を聴きましょうよ!
         
        豊田勇造 ライブ! 40年ぶり!「さぁ、もういっぺん」は今のところ予定通りです。
        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
         
         
         
  20.03.02   「豊田勇造 ライブ! つづきのつづき」
      豊田勇造 ライブ! 40年ぶり!「さぁ、もういっぺん」
      再びの再び、ぐるぐると40年を巻き戻し思い出せば・・・・
      その当時、勇造の事務所は「発見の会」と言って何か胡散臭い事務支所だったような記憶が・・・・
      自分達の大好きなミュージシャンを自分達ががプロデュースするという事に舞い上がっていたような気がする。
      毎日毎日が特別な、自分達が何か凄い事しているような、そんな自惚れの恥ずかしい時代だったような気がする。
      いやいや気がするんじゃなく、まさに恥ずかしい時代だった・・・・  ん?今もか・・・・
       
        セカンドアルバムが、「走れアルマジロ」 京都のライブハウス「拾得」でのライブ録音。
        これがまた素晴らしい! まるでそのライブハウス「拾得」で体感しているかのような迫力!
        静と動、緊張感ヒリヒリ、ギターの一音一音、息遣いがリアルに伝わる、勇造と対峙し真剣勝負をしているような。
        ファーストアルバム「さぁ、もういっぺん」に引き続き「走れアルマジロ」 正真正銘見事にやられました・・・・
        圧巻は「ジェフ・ベックが来なかった丸山音楽堂」
        英国のギタリスト、ジェフ・ベック Jeff Beckが、1975年京都の八坂神社近くにある野外ステージ「円山音楽堂」でのライブ
        に出演する予定だった。しかし来日直前のコンサートで風邪をこじらせ、京都公演の当日に39度の熱を出してダウン。
        出演をキャンセルしてしまったのだ。
        この曲を「唄」ではない「語り」だと言う方は多いと思うが、私にとってはハートを打ち抜く唄なのだ。
        ハードなギター演奏途中、プツンと音がして弦が切れる(私の耳には2回2本)
        哀れ、切れたギターの弦が2本だらり、それでも何事も無いように演奏を続ける勇造。
        その映像をはっきりと想像させてしまうのだ。
         
        豊田勇造の「静と動」一緒に全身で感しませんか!
         
         
         
  20.02.22   「豊田勇造 ライブ! つづき」
      豊田勇造 ライブ! 40年ぶり!「さぁ、もういっぺん」
      再び、ぐるぐると40年を巻き戻し思い出せば・・・・
      ポスターはどうしたんだろう? 今では考えられないくらい当時は印刷が高価だったのだ。
      たぶん勇造事務所が用意した一律のポスターの空欄に、場所時間と金額と主催者をマジックペンで書いたのだろう。
      手あたり次第に知っている奴を捕まえ、嫌われながらもこんこんと勇造の素晴らしさを勝手に説きチケットを押し付ける。
      その当時勤務していた会社の同僚は当然、商品を納品しに行った先のお客さんにも・・・・ 
      今から考えると相手は相当に迷惑な話だ。 顔から火が出そうだ、若かった・・・・
         
        カセット・エンドレス・テープという物をご存じだろうか?
        そのテープに「豊田勇造ライブ、何月何日、商工会館別館、、、、こうご期待!」などと緊張しながら吹き込んだやつを、
        自家用車の天井にトランペットスピーカーを取り付けて、先程のテープをぐるぐるとエンドレスに流しながら目抜き通りを
        のろのろと走らせる・・・・・まったくもって迷惑な話だ。
        今だったら完全に交通なんとかかんとか規制に引っかかるんじゃないだろうか?
        顔から火が出そうだ、若かった・・・・
         
        いろいろな事がおぼろげながら思い出されるが、思い出せない事の方が当然ながら多い。
        しかし、主催者名だけはリアルに鮮明だ!「豊田勇造を浴びるほど聞く会」
         
        さぁ、もういっぺん!
         
         
         
  20.02.11   「豊田勇造 ライブ!」
      豊田勇造 ライブ! 40年ぶり!「さぁ、もういっぺん」
      なんと実に40年ぶりの勇造さんのライブです!
      ぐるぐると40年を巻き戻し思い出せば・・・・
      まだまだ生意気盛んな洟垂れ若造の頃、豊田勇造「さぁ、もういっぺん」というアルバムに完全にノックアウトされた。
      私に初めてブルースという音楽を意識させてくれたアルバムと言っていいと思う。
      親友の部屋で初めて聴いたこのアルバムは本当に衝撃だった。
      そうこうしている内に、その当時入り浸っていたレコード店の○○子さんから「豊田勇造のライブをやらない?」
        と、悪魔のささやき・・・・ いや、そそのかされたのか・・・・
        3年間3回ライブをしました。 主催:豊田勇造を浴びるほど聞く会
        最終3回目のライブはステージ上である出来事があり、途中で何人ものお客さんが帰ってしまった・・・・
        あれから40年、勇造さんとは県外のライブ会場で何回か会う事もあり、あの3回目ライブのある出来事の事もよく覚えてく
        れてて、「いつかまた鳥取でライブが出来たらいいな〜」と言ってくれてて・・・・・ 
         
        さぁ、実現です! さぁ、もういっぺん! です!
         
        日時:2020年4月2日(木) 18:30 開演
        会場:カフェ&ギャラリー しかの心 鳥取市鹿野町鹿野1809-1 TEL0857-84-3801
        料金:¥2,500−(前売り・ご予約) ¥3,000−(当日)
        *夕食バイキングあります!ご予約下さい。プラス¥1,000−!
         
        主催:豊田勇造を浴びるほど聞く会
        問い合わせ:090-7891−9322(武部仁)
                サウンドシティ 岡田
         
         
         
  20.02.03   「MAGICO A-1」
      再度、MAGICO A-1 がデモンストレーションで来てます。
      前回は発売されてすぐに来た為しっかりブレイクインが出来ていない状態でした。
      今回はしっかりブレイクインが出来てまずまずの出来という事で輸入元より再度お借りしました。
      聴いた印象は前回試聴した時と一緒で、A-3と同じくとてもおおらかです。
      密閉型ですのでバスレフタイプに有りがちな低域の変な盛り上がり感もありません。
      エンクロージャーサイズを考えれば意外と伸びた低域の量感は、低域がたっぷり目が好きな方にはお勧めです。
      高域はそんなに伸びている訳ではありませんが、金属系素材に有りがちな嫌な冷たさはありません。
        全体的にブレイクインが出来てきたのか前回試聴した時と比べ、繋がりが良く伸びやかになってます。
        小音量で聴いても詰まった感じが無く広がり感もあります。
       
      試聴ご希望の方は早めにご来店頂きお聴きください。
       
      同時に、英国のメーカーaudiolab が再上陸!
      プリメインアンプ 8300A・ CDプレーヤー 8300CD がデモンストレーションで来てます。
      かなりのハイコストパフォーマンス機器です!
       
         
         
         
         
  20.01.25   「暖冬で・・・・」
      方々であちこちで話題になっている暖冬・・・・ あいさつ代わりにもなってしまっている暖冬・・・・
      外出しやすい、暖房費がかからない、野菜などが安く買える、雪掻きしなくていい、等々。
      しかし反面で、冬物衣料の販売不振、農家の方々の野菜の値段の暴落、スキー場の雪不足、等々。
      あっちを立てればこっちが立たずのジレンマ。
      日本には四季があってそれぞれの季節の営みがあり、それに従って人々の生計がある。
      極端な暑さや寒さはご免こうむりたいが、極々普通な季節感があってほしい。
       
        この分だと今年は小寒も大寒も無く立春を迎えてしまいそうだ。
        農家の方々やスキー場関連の方々の恨やましそうに天を仰ぐ姿が辛い・・・・
         
         
         
  20.01.13   「成人の日」
      今日は成人の日。
      あれから三倍以上の年月がたった。
      改めて思うと長かったようで短かかったような・・・・ 複雑な気持ちが交錯する。
      あの年代一体何を思って生きていたのだろうか? ま〜それなりになんか思って生きていたのだろう。
      で今は? ま〜それなりにそこそこいろんな事思って生きている。
      あの年代に若返りたいとは決して思わない。
      白髪になっても、老眼になっても、皴皴になっても、物忘れが増えても・・・・ いいじゃないか。
        あの年代を過ごして良くも悪くも今があり、それなりに今も右往左往四苦八苦しながら生きている。
         
        TVの街角インタビューで、「何か新成人に一言」と、おせっかいなレポーターの質問に。
        「若さを大切にして」とか「責任を持って行動を」とか「大人の自覚を」とか・・・・うんざりな一言二言三言。
         
        人は知らず知らず人に何らかの迷惑を掛けつつ生きている。
        人に迷惑を掛けられたら、あ〜自分もこうやって人に迷惑を掛けてるんだろうな〜 
        と、思えるような大人に私はなりたい。
         
         
        ある方からご指摘 下記の「どうぞ今年もよろしくお願いします」を「どうぞ来年もよろしくお願いします」と書き間違い・・・・
        新年早々ボケまくり1年ジャンプしてしまいました!(でも訂正せず)
        ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
         
         
  20.01.04   「謹賀新年」
      鳥取は雪の無い正月です。
      曇りがちではあったものの晴れ間も随分ありとても穏やかな年明けです。
      今年一年こんな穏やかな年であって欲しいものです。
       
      昨年中は大変お世話になりました。
      どうぞ来年もよろしくお願い致します。
      本日よりぼちぼちと営業してます。
        ありがとうございます。